映画: バタフライ・エフェクト

- バタフライ・エフェクト好きな人とお友達になろう♪ -

『バタフライ・エフェクト』(The Butterfly Effect)は、2004年に公開されたアメリカ映画。日本では2005年5月に公開された。カオス理論の一つ、バタフライ効果をテーマに製作された。斬新で衝撃的なアイディア、練り込まれた脚本が受け、本国アメリカで初登場1位を記録した。 2006年には続編『バタフライ・エフェクト2』、2009年には『バタフライ・エフェクト3/最後の選択』が公開された。
Wikipediaでバタフライ・エフェクトを確認
1ページ目 / 1ページ中

あき 30歳 大阪府

好きな人のために辛い思いを何度もしても、諦めずに救おうとする王道ストーリーです。最初に見せた伏線の回収はすごいと思いました。よく考えるとおかしい設定ですけど、観ている途中は伏線の回収と展開の面白さが重なって、完璧なストーリーだなと思わされます。話の中盤からは伏線はちょっとあったんですけど,予想外の展開ばっかりでもうドキドキしっぱなしでした。

2019-06-15 08:20

33歳 茨城県

何作かシリーズとして続いている映画ですが1番好きなのは初代のバタフライエフェクトです。タイトルのとおりちょっとしたことが影響して結果的に運命が大きく左右するのですがとても切ないエンディングなので印象に残り続けてる映画です。

2019-06-02 07:33

なおき 33歳 北海道 札幌市

シュタゲみたいな内容!過去に戻って改変することで、どんどん悪い状況になっていく。良くしようとすればするほど、他の部分に悪影響が起こってしまう。実際これってやめ時が分からない・・・。可哀そうで面白い(._.)

2019-05-10 10:08

誰か 30歳 大阪府

切なすぎるディレクターズカット版のエンディングが有名なこの作品。ディレクターズカット版は過激過ぎて、結局劇場では別のエンディングになりました。もちろん劇場版のエンディングも悪くはないんですが、劇場版のエンディングだけではここまでの評価にはなっていなかったと思います。それほど、ディレクターズカット版のエンディングが良いです。是非観る際はディレクターズカット版のエンディングも観ることをオススメします。あとは、アシュトン・カッチャーの演技がかっこいい。

2019-05-05 20:58

すー 30歳 埼玉県

『きみを救うため、ぼくは何度でも過去に戻る』今ではよくあるタイムリープもののように感じるかもしれませんが、真っ直ぐで、歪んで、もとに戻そうとして、また歪んでいく、そんな切ない恋の先にある結末を、いまだに忘れられません。

2019-04-26 21:48

盛り上がる話題で見つけよう♪

全国で人気の映画