映画: 孤狼の血

- 孤狼の血好きな人とお友達になろう♪ -

『孤狼の血』(ころうのち)は、柚月裕子による長編警察小説シリーズ。全3作。 第1作『孤狼の血』が『小説 野性時代』2014年3月号から2015年2月号に連載、2015年8月29日にKADOKAWAから刊行された。暴力団対策法成立前の1988年(昭和63年)の広島を舞台に、暴力団系列の金融会社社員の失踪事件を追う刑事たちの姿や、暴力団組織間の激しい抗争を描く。第69回日本推理作家協会賞受賞作。 2年後を舞台とした第2作『凶犬の眼』(きょうけんのめ)が『小説 野性時代』2016年6月号、2017年2月号、8月号から10月号に連載、加筆修正を経て2018年3月30日にKADOKAWAより刊行された。完結編となる第3作『暴虎の牙』(ぼうこのきば)が『岩手日報』にて2018年2月19日から2019年1月12日まで連載、2020年3月27日にKADOKAWAより刊行された。 東映により第1作『孤狼の血』を原作として2018年に実写映画化『孤狼の血』が公開、続編『孤狼の血 LEVEL2』が2021年に公開された。
Wikipediaで孤狼の血を確認
1ページ目 / 1ページ中

まーさ 37歳 東京都

昭和感がたまらない。あんな世界の人達も必要悪でいたほうが逆に平和だと思う。あの荒れた日本もあれはあれで良い時代だったろうな〜と思う。30年早く産まれてたらまた別の人生楽しめたかな〜。バブルの日本を経験したかったな〜。

2022-04-09 18:28

盛り上がる話題で見つけよう♪

全国で人気の映画