映画: 七人の侍

- 七人の侍好きな人とお友達になろう♪ -

『七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年に公開された日本の時代劇映画である。監督は黒澤明、主演は三船敏郎と志村喬。モノクロ、スタンダードサイズ、207分。日本の戦国時代の天正年間(劇中の台詞によると1586年)を舞台とし、野武士の略奪に悩む百姓に雇われた7人の侍が、身分差による軋轢を乗り越えながら協力して野武士の襲撃から村を守るという物語である。 当時の通常作品の7倍に匹敵する製作費を投じ、1年近い撮影期間をかけて作られたが、興行的に高い成功を収めた。複数カメラや望遠レンズの効果的使用、緊密な編集技法などを駆使して、クライマックスの豪雨の決戦シーンなどのダイナミックなアクションシーンを生み出した。また、アメリカの西部劇の手法を取り入れ、細密な脚本と時代考証により、旧来のアクション映画と時代劇にはないリアリズムを確立した。 本作は世界で最も有名な日本映画のひとつである。1954年の第15回ヴェネツィア国際映画祭では銀獅子賞を受賞した。国内外の多くの映画監督や作品に大きな影響を与えており、1960年にアメリカで西部劇『荒野の七人』としてリメイクされた。最高の映画のリストに何度も選出されており、2018年にBBCが発表した「史上最高の外国語映画ベスト100」では1位に選ばれた。
Wikipediaで七人の侍を確認
1ページ目 / 1ページ中

たける 59歳 千葉県 船橋市

黒澤明監督の作品は全部観ましたが、その中でも『七人の侍』は一際秀逸で日本映画の金字塔ですね。牛の様に反芻しながら何度も何度も観ましたが、何度観ても飽きないし感動してしまいます。他の黒澤作品では『野良犬』、『生きる』、『天国と地獄』、『赤ひげ』なども好きな映画です。

2021-01-04 17:29

盛り上がる話題で見つけよう♪

全国で人気の映画