歌手・ミュージシャン: 大瀧詠一

- 大瀧詠一好きな人とお友達になろう♪ -

大瀧 詠一、大滝 詠一(おおたき えいいち、本名:大瀧 榮一、1948年7月28日 - 2013年12月30日)は、日本のミュージシャン。 シンガーソングライター、作曲家、アレンジャー、音楽プロデューサー、レコードレーベルのオーナー、ラジオDJ、レコーディング・エンジニア、マスタリング・エンジニア、著述家、元Oo Records(現在は会社自体がない)取締役など、多くの顔を持つ。血液型はAB型。 娘婿は音楽プロデューサー・音楽評論家でバート・バカラック研究家の坂口修。
Wikipediaで大瀧詠一を確認
1ページ目 / 1ページ中

まさと 59歳 埼玉県 越谷市

大瀧詠一の曲は、初夏から夏の終わりくらいに車で聴くのがいいですね。ペパーミントブルーが一番好きです。他にも、雨のウェンズディ、カナリア諸島にて、君は天然色、恋するカレン、恋のナックルボール、さらばシベリア鉄道、1969年のドラッグレースなんかも好きです。

2020-02-07 13:12

Cub 47歳 青森県

1981年発売のアルバム「ALONGVACATION」のヒットで有名になった岩手県出身のシンガーソングライター。自身の苗字から名付けられた「ナイアガラサウンド」はまさに大きい滝を流れるようなと評された。「君は天然色」は未だにCMでも流されていて、歌手が本業ではないが透き通った歌声は魅了された。「カナリア諸島にて」を聴いていると、行った事がなくてもその場所の情景が浮かんでくる感じがした。亡くなって5年が過ぎたが今でも時々聴いている。ナイアガラサウンドは永遠なり。

2019-05-16 13:17