歌手・ミュージシャン: 浜田省吾

- 浜田省吾好きな人とお友達になろう♪ -

浜田 省吾(はまだ しょうご、1952年12月29日 - )は、日本のシンガーソングライター。 広島県竹原市生まれ。広島県立呉三津田高校(野球部・出版部所属)卒業、神奈川大学法学部中退。1975年、愛奴のメンバー(ドラムス・パーカッション)としてプロデビューし、1976年にシングル「路地裏の少年」とアルバム『生まれたところを遠く離れて』でソロデビュー。 マスコミや一部のファン等から「浜省」(ハマショー)という愛称が使われることがあるが、これに関して本人は「快く思っていない」と発言していた。しかし近年のコンサートでは自ら「浜省」と言うことがあり、「そのように呼ばれることに特に抵抗は無い」と語っていたこともある。 デビュー時からサングラスがトレードマーク。メディア露出が極端に少ないものの、地道なライブ活動によって確実にファンを獲得。デビュー後の数年間は、事務所からの方針により自らが目指す方向性を屈折させられ逡巡していた。そのため、初期の頃は自分の生き方そのものへの懐疑を投げかけた楽曲が多く存在する。一般的に認知されているバラード楽曲の他にも父親の被爆体験から、日本や戦争を歌った楽曲も数多く存在し、プロテスト色の強いアーティストである。また、「ロック=英語」という既成概念に疑問をもち、日本語による歌詞や歌唱にこだわった。このことは以降のミュージシャンにも大きな影響を与えた。 山口百恵、和田アキ子、能瀬慶子、甲斐よしひろ、松田優作、時任三郎、吉田栄作、榊原郁恵、真田広之、烏丸せつこら、ホリプロ所属時代に多くの楽曲を提供している。
Wikipediaで浜田省吾を確認
1ページ目 / 1ページ中

なかなかの 52歳 三重県

数年前から聞いていましたが、片想いが大好きです。女性の切ない女心を上手く表現した曲だなと思います。もうひとつの土曜日、悲しみは雪のようにもお気に入りです。若い頃とは好みが変わる物ですね。これからも聴き続けます。

2020-08-25 19:41

コウジ 57歳 福岡県

好きな歌手だったら浜田省吾で決まりですね。何と言っても声がいいですし。それに歌詞も泣かせますしね。そんなの知らねぇよと言う人、多いかも知れませんが一度聞くと浜省よろしくハマってしまうんですよ。聞いた事が無いひとは一度聞いてみたらどうでしょうか。きっと好きになると思います。

2020-08-11 12:52

ショウ 47歳 大阪府

13才の時に浜田省吾の唄に出会い、以来ずっと浜田省吾一筋ライブは30回以上CD&DVD全て有ります。バラード&ラブソングはもちろんのこと戦争や地球環境を唄っている、メッセージソングに凄く考えさせられます。大好きというより大尊敬しています。

2019-11-21 16:49

本気の恋 38歳 福岡県

正直あまり人気のある歌手ではありませんが,自分は、大好きな歌手です。男の気持ちを歌っている歌手やと思います。特に,もう1つの土曜日,この歌は自分は、一番大好きな曲です。知ってる人は、わかるはず。青春の歌って感じです。

2019-10-08 11:12

ちは! 47歳 千葉県

中学生の頃から好きで今までずっと聞いています。ライヴにも何回か行きました。今も昔と変わらない歌声が好きです。失恋したときなんかに聞くと、本当にしみますよね!?多分一生聞き続けると思います。まだ聞いたこともない人もいるとは思いますけど、人生に悩んだり、落ち込んだりしたときに聞くといいかもしれません!良かったら聞いてみてください♪

2019-06-11 13:57

aki 50歳 大阪府

昔から情景や暖かいラヴソングを書かせたら右にでるものはいないハマショー。歌詞がやっぱりいいですよね。個人的にはjboy辺りのアルバムが一番好き。アメリカから影響を受けたロック、カントリー、フォークのサウンドにのせて寄り添っていてくれる様な暖かい歌声。これからもずっと聴いていくと思います。

2019-05-08 07:47

まさやん 40歳 栃木県 宇都宮市

学生時代からのファンで、楽曲に自分の価値観を重ね合わさる点が多々あります。@もうひとつの土曜日♪@君が人生の時♪@夢のつづき♪@愛のかけひき♪などなどが、沢山の思い出と背景が重なります!バイブル的な感覚ですね。

2019-04-30 08:49