病気・体験談: 性依存症

- 性依存症の経験者や、理解のある人とお友達になろう♪ -

性依存症(せいいぞんしょう、英: sexual addiction)は、性的な行動に対する嗜癖であり、精神疾患である依存症の一つである。主に性行為(性交渉)への依存が多いため、セックス依存症もしくはセックス中毒とも称される。 頻繁に「セックス依存症」という呼称が用いられることもあるが、依存する対象は実際に相手のある性交渉だけでなく、自慰行為やポルノへの過度な耽溺および収集、強迫的な売買春、乱交、露出や覗き行為、性的ないたずら電話、インターネットを介したアダルト・チャットなど全ての性的な活動が考えられる。依存者はそれらに性的な興奮や刺激に溺れることが習慣化し、徐々に自己コントロールを失っていく。ギャンブル依存や買い物依存などと同じく「行動への依存」に分類される。 性依存症は1970年代から主にアメリカで研究されてきたが、1998年にクリントン大統領の不倫スキャンダルが性依存症に起因したものであるという説が取り上げられて以来、一般での認知度が急激に高まった。近年ではアルコール依存や薬物依存、ギャンブル依存(賭博依存)と並び代表的な依存症であるという考え方が広まりつつある。
Wikipediaで性依存症を確認
1ページ目 / 1ページ中

トシ 44歳 埼玉県

毎日性行為をしたくなります。SEXや自慰行為だけでは満足できません。それも普通じゃダメです。特にSEXは野外で無いと燃えません!自慰行為は見てもらってって言う感じです。だからと言ってSEXの指導権は持たないと燃えません!

2020-01-26 23:11

ルキザ 20歳 大阪府

ずっとエッチなことをしていたいです。しんどくなってもしてたいです。睡眠、体力的なこと以外ずっとしたいです。頭の中がそれを自然に考えています。また、体を求められたら断れません。断って嫌われるのも嫌なので。

2019-08-19 02:24