病気・体験談: 依存症

- 依存症の経験者や、理解のある人とお友達になろう♪ -

依存(いそん、いぞん、英: dependence)とは、身体的依存を伴うもしくは伴わない、薬物や化学物質の反復的使用である。行動的依存、身体的依存、心理的依存は物質関連障害の特徴である。 日本語ではアルコール中毒、薬物中毒のように、中毒と呼ばれることも多いが、現在医学用語として使われる物質の毒性に対する急性中毒、慢性中毒(Intoxication)は、依存症とは異なる。たとえば腐った魚による食中毒は、まず依存症にはならないであろう。自ら進んで腐った魚を繰り返し食するようにはならないからである。 関連の用語として嗜癖(しへき、英: addiction)とは、物質使用を繰り返し、使用量が増加し、使用できない状態となると重篤な症状を呈し、使用に対する押さえがたい衝動が高まり、身体的・精神的悪化に至る状態である。 渇望が生じている状態を「依存が形成された」と言う。依存は、物質への依存(過食症、ニコチン依存症やアルコール依存症といった薬物依存症)、過程・プロセスへの依存(ギャンブル依存症、インターネット依存症、借金依存症)、人間関係や関係への依存(共依存、恋愛依存症、依存性パーソナリティ障害など)があり、重大な精神疾患にいたるケースもある。
Wikipediaで依存症を確認
1ページ目 / 1ページ中

とも君 51歳 神奈川県

依存体質の寂しがりやで孤独感強めのかまってちゃんです生きてる意味が見つからない。あなただけを愛したい。愛してもらいたい。自分だけを見てほしい。かまってほしい。叶わない。消えちゃったらどれだけ楽だろう。寂しい。苦しい。消えちゃいたい。

2021-11-26 13:27

ユチピク 22歳 大阪府

ずっとずっと相手されたいです。連絡が早いと安心します。遅いとしんどくなります。依存してもらえると依存しまくってしまって嫌いになれると思うので我慢をして心が苦しくなり寝て忘れたくなります。しつこい人がいれば幸せです。

2019-08-19 02:24