病気・体験談: てんかん

- てんかんの経験者や、理解のある人とお友達になろう♪ -

てんかん(癲癇、英: epilepsy)は、脳細胞に起きる異常な神経活動(てんかん放電)のためてんかん発作をきたす神経疾患あるいは症状。神経疾患としては最も一般的なものである。 古くから存在が知られる疾患のひとつで、古くはソクラテスやユリウス・カエサルが発病した記録が残っている。特に全般発作時の激しい全身の痙攣から、医学的な知識がない時代には狐憑きなどに代表される憑き物が憑依したと誤認され、「放っておくと舌を噛んで死ぬ」と思われていたり、時に周囲に混乱を起すことがあり差別の対象となることがあった。 全世界の有病者数は5000万人ほどで、患者のおよそ80%は発展途上国の国民である。各国の疫学データでは発症率が人口の1%前後となっている。昔は「子供の病気」とされていたが、近年の調査研究で、老若男女関係なく発症する可能性があるとの見解も示され、80歳を過ぎてから発病する報告例もあるが、エミール・クレペリンなどは老年性てんかんは別個のものとして扱っている。 てんかんは予防不可能かつ完治不可能だが、大部分は安価に管理可能な病気であり抗てんかん薬が用いられる。年間の医薬品コストはわずか5ドルにすぎないが、通院、入院、検査には費用がかかり、日本では医療費自己負担額軽減のための制度もある。真面目に薬を飲み続ければ、症状が発症しない治癒の可能性は十分あり得る。
Wikipediaでてんかんを確認
1ページ目 / 1ページ中

ゆう 33歳 福井県

兄がそうですね。なので、僕自身は辛さをわかってあげられません。でも発作が起こると大変だなぁとは発作を見ていて思います。てんかんは怖い病気だとは認識しております。本来なら健康が1番ですがこればかりは仕方ないですよね……

2019-05-23 04:05