病気・体験談: オスグッド・シュラッター病

- オスグッド・シュラッター病の経験者や、理解のある人とお友達になろう♪ -

オスグッド・シュラッター病(オスグッド・シュラッターびょう、英: Osgood-Schlatter disease、独: Osgood-Schlatter-Krankheit)は、サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする小学生、中学生や高校生に多く見られる、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎である。オスグッド・シュラッター症候群(オスグッド・シュラッターしょうこうぐん)ともいう。 1903年にボストンの整形外科医ロバート・ベイリー・オスグッド(1873 - 1956)と、チューリッヒの外科医カール・シュラッター(1864 - 1934)が別々に症例を確認、発表したため、この病名がある。一般的には、「オスグッド」などと略されるが、正式名称は「オスグッド・シュラッター病(症候群)」である。
Wikipediaでオスグッド・シュラッター病を確認
1ページ目 / 1ページ中

かまら 35歳 埼玉県

中学生の頃に苦しめられました。まずは正座が困難になり、酷い場合は歩行や階段昇降にも影響が出てくることもあります。中・高生の男子に多く発症し、明確な治療法はありません。中・高生の男子が苦しめられる膝の成長痛です。

2019-10-31 20:43