病気・体験談: 急性呼吸窮迫症候群

- 急性呼吸窮迫症候群の経験者や、理解のある人とお友達になろう♪ -

急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。
Wikipediaで急性呼吸窮迫症候群を確認
1ページ目 / 1ページ中

はるき 31歳 大阪府

父親がかかりました急に呼吸ができなくなる突発性の病気。息ははけるけど、吸えなくなる病気。生存確率1%位。風邪からくる人も居れば、肺炎からくる人もいるみたいです。救急搬送が遅れたら心肺停止になりそのまま亡くなってしまう非常に危険な病気。

2020-11-16 12:55