病気・体験談: アルツハイマー病

- アルツハイマー病の経験者や、理解のある人とお友達になろう♪ -

アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)とは、脳が萎縮していく病気である。アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Major Neurocognitive Disorder Due to Alzheimer's Disease)はその症状であり、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。「認知症」の部分は訳語において変化はないが、原語がDSM-IVでは Dementia であり、DSM-5では Major Neurocognitive Disorder である。Dementia of Alzheimer's type、DAT、Alzheimer's dementia、ADとも呼ばれていた。 症状は進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通なども出来なくなり、最終的には寝たきりになる。階段状に進行する(すなわち、ある時点を境にはっきりと症状が悪化する)脳血管性認知症と異なり、徐々に進行する点が特徴的。症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆるBPSD)が見られることもあり、介護上、大きな困難を伴うため、医療機関受診の最大の契機となる。 現在のところ、進行を止めたり、回復する治療法は存在していない。運動プログラムは日常生活動作を維持し、アウトカムを改善するという利益がある。罹患した人は、徐々に介護支援が必要となり、それは介護者にとって社会的、精神的、肉体的、経済的なプレッシャーとなっている。 全世界の患者数は210 - 350万人ほど(2010年)。大部分は65歳以上に発病するが、4-5%ほどは若年性アルツハイマー病 (Early-onset Alzheimer's disease) としてそれ以前に発病する。65歳以上人口の約6%が罹患しており、2010年では認知症によって48.6万人が死亡している。ADは先進国において、最も金銭的コストが高い疾患である。
Wikipediaでアルツハイマー病を確認
1ページ目 / 1ページ中

レイ 52歳 東京都

乳が78歳、母が76歳で発症し、良心を順番に介護して、虹の橋を渡らせました。介護申請、要介護度の更新など自分とケアマネさんと手を携えてやってきました。これから、ご両親の介護をなさるかた、されている方の一助になればと思います。

2019-07-03 00:10

じょうじ 44歳 愛知県 一宮市

母親がなりました。もうかなりたち、今では誰もわからない、話せない、動けない、口からご飯も食べれないといった状況です。最初は、たんに忘れることが多くなった感じなだけでした。それが段々に多くなり、自分でもわかってきて忘れていることが解らなくて苛立って言ってたからさ。常にイライラしてるような感じにもなりました。

2019-05-05 07:56

じん 50歳 神奈川県

ちょうど10年ほど前に母がおかしいと気付き自分で病院へ行き発覚。最初は病気の素振りもなく普通の生活をしてましたが、次第に『ここに置いておいた物がない。家に入ってきて盗まれた。』と言うようになりました。その都度、勝手口と玄関の鍵を交換。勝手口は五回、玄関も五回交換。外にある倉庫も自分で鍵屋を呼んで左右にダイヤル式の鍵を取り付けてました。ホントになくなったのかと思ったら、自分で隠してる事がわかり、そこから数年間、毎日が宝探しです。通販に自分で電話して商品が届くと、頼んでないとか届いてないとか。受け取った物をすぐに隠してるのを覚えてないのです。ホントに通常の生活では有り得ない事が起きてます。もし私の両親がおかしな行動してるけど、認知症かな?と思われる方がいらっしゃったらコメントしてください。男女問いません。ただの物忘れと認知症では明らかに違いますので。

2019-05-01 14:14