病気・体験談: 認知症

- 認知症の経験者や、理解のある人とお友達になろう♪ -

認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は認知障害の一種であり、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である。認知症は犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下して性格の先鋭化、強い承認欲求、理性的思考力衰退、被害妄想を招く症状をさす。 日本ではかつては痴呆(ちほう)と呼ばれていた概念であるが、2004年に厚生労働省の用語検討会によって「認知症」への言い換えを求める報告がまとめられ、まず行政分野および高齢者介護分野において「痴呆」の語が廃止され「認知症」に置き換えられた。各医学会においても2007年頃までにほぼ言い換えがなされている(詳細については#名称変更の項を参照)。 認知症は70歳以上人口において2番目に多数を占める障害疾患である。全世界で3,560万人が認知症を抱えて生活を送っており、その経済的コストは全世界で毎年0.5-0.6兆米ドル以上とされ、これはスイスのGDPを上回る。患者は毎年770万人ずつ増加しており、世界の認知症患者は2030年には2012年時点の2倍、2050年には3倍以上になるとWHOは推測している。 現在の医学において、認知症を治療する方法はまだ見つかっていない。安全で効果的な治療法を模索する研究が行われているが、その歩みは難航している。
Wikipediaで認知症を確認
1ページ目 / 1ページ中

ムック 34歳 神奈川県

10年以上前ですが認知症、末期癌の祖父を家族で自宅介護した経験あります。認知症なので、排泄、入浴、食事も介助がなければなりませんでした。夜中になると覚醒して騒ぎだす事がほぼ毎日続きました。末期癌も患っていたため途中から固形物を摂取できなくなり、胃ろうをしていました。こんな事が1年ぐらい続き途中で両親がノイローゼになりそっちの面倒も見なければならず精神的に自分も精神崩壊寸前までいった過去があります。

2022-02-20 20:24

よし君 56歳 愛知県

母親が認知症になり介護支援父親は、パーキンソン病昔、仕事で顎の骨折とヘルニアになってしまいました。後遺症等は、ほとんど無く疲れがたまると腰が辛いぐらいでなんとかなってます!ゆっくりマイペースでなんとか。

2021-09-02 12:36

たかし 52歳 神奈川県

高齢の母親が認知症を煩い、今は介護施設で生活しております。発症当初は夜回りがひどく、警察のお世話に何度かありましたが今は介護施設のサポートもあり、何とか暮らしております。それでも家族の支えが必要なので、定期的に面会してます。

2021-03-22 11:33

たっくん 35歳 大阪府

かぞく家族が認知症に数年前になりました。大変ですが楽しいこともあったりしてます。これからも大変ですが頑張ります?俺も認知症の勉強して色々役にたてれるように頑張る。いつまでたっても家族だから仲良くします。

2020-09-13 07:51

りょう 73歳 大阪府

母や祖母が認知症になって、認知度が進行するにつれ世話する側に戸惑いが生じストレスも溜まります。また色々な苦労も体験されていると思います。実際にお世話されておられる方、私もその一人でお互い苦労話や体験談を話し合ったりしてストレス発散しませんか!

2019-12-22 23:28

ひろ 37歳 岩手県

実家の祖母が認知症です。最近おかしいな〜って思ってからの、進行が早かったです。覚えてないとかはそうですけど、物を隠すとか、嘘をつくとか、怒りっぽくなったりしてきています。最近は危ないので、包丁とかガスの管理にも気を付けています。

2019-12-09 17:26

りょう 36歳 愛媛県

私の祖父も10年以上前から認知症と、交通事故の後遺症があり介護をしたりしてます。自宅の中も車椅子で生活をしていますが、なかなか時間がとれたりができないですね…ですが、介護の資格をとろうと思ったのも祖父が交通事故に遭ったのがきっかけでした、介護をするのはほんとうに大変なのをわかります、大変さを乗り越えてこそ、ほんとうの介護じゃないかと、私は思います。

2019-12-06 10:22