病気・体験談: アルツハイマー型認知症の生化学

- アルツハイマー型認知症の生化学の経験者や、理解のある人とお友達になろう♪ -

アルツハイマー型認知症の生化学(アルツハイマーがたにんちしょうのせいかがく)では、アルツハイマー型認知症に対する生化学について記述する。 アルツハイマー型認知症は、成人が発症する認知症の代表的な疾患であるが、その生化学的基盤は依然として未知な点が多い。タンパク質のミスフォールディング(折りたたみ異常)がもたらす疾患であることは判明しており、アルツハイマー型認知症の患者の脳からは異常に折りたたまれたアミロイドβタンパク質の蓄積が見られる。また、アルツハイマー型認知症は、タウタンパク質の異常凝集が原因となるタウオパチーと呼ばれる疾患の一種であると考えられている。
Wikipediaでアルツハイマー型認知症の生化学を確認
1ページ目 / 1ページ中

まっちゃん 50歳 山口県 周南市

両親が80歳近くになり、心配です。まだ顕著な症状はないのですが…ふと冷蔵庫を覗いた時同じ食品がいくつもあったり…毎回の食事のレパートリーが極端に少なくなったり…あまり外出しなくなったり…父親も80を越えまだ車の運転をしてるので最近の高齢者の事故ニュースを見ると…もし認知症が始まったらと頭をよぎります

2019-05-06 13:02