病気・体験談: 胃腸炎

- 胃腸炎の経験者や、理解のある人とお友達になろう♪ -

胃腸炎(いちょうえん、英: Gastroenteritis)とは、感染性下痢(infectious diarrhea)、ガストロとも知られ、消化管(胃 ("gastro"-)および小腸 ("entero"-)の炎症を特徴とする疾患であり、発熱、下痢、嘔吐、腹痛および腹部痙攣などの症状を呈する。食物によって生じるものは食中毒とも称される。山陰地方では、感染性胃腸炎の事を腸感冒とも呼ぶ。 世界的にみて小児の発症例のほとんどがロタウイルスによるものである。成人ではノロウイルスおよびカンピロバクターに起因するものが最も多い。次いでその他の細菌 (またはその毒素)や寄生虫を原因とするものがよくみられる。調理が不適切な食品や汚染された水を摂取したり、感染者との密接な接触などによって感染する。 治療の基本は十分な水分補給である。軽度または中等度の症例では経口補水液の補給が効果的である。重症例になると静脈内輸液が必要となる場合がある。
Wikipediaで胃腸炎を確認
1ページ目 / 1ページ中

プリンス 59歳 青森県 弘前市

とにかくおなかが痛く、吐きけがとまらず、この世の終わりかな、なんて、おもっちゃったりしました。(笑)原因をいろいろ考えてもなんも思いつきませんでした。病院行っても、薬をだす対象療法しかなく、3日間下痢が止まらず、ゆっくり休むことも出来ず、まさに地獄でした。皆さんも手洗いを確実にして、ご注意ください。

2019-11-19 08:28