病気・体験談: うつ病

- うつ病の経験者や、理解のある人とお友達になろう♪ -

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病、英語: Clinical Depression)は、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である。 『精神障害の診断と統計マニュアル』第5版(DSM-5)には、うつ病の診断名と大うつ病性障害(だいうつびょうせいしょうがい、英語: Major depressive disorder)が併記されており、この記事ではおもにこれらについて取り上げる。これは1日のほとんどや、ほぼ毎日、2 - 3週間は抑うつであり、さらに著しい機能の障害を引き起こすほど重症である場合である。1 - 2年続く死別の反応、経済破綻、重い病気への反応は理解可能な正常な反応である場合がある。 有病者数は世界で3.5億人ほどで一般的であり、世界の障害調整生命年(DALY)において第3位(4.3パーセント)に位置づけられる。しかし多くの国にて治療につながっておらず、先進国であろうと適切にうつ病と診断されていないことが多い一方、うつ病と誤診されたために間違った抗うつ薬投与がなされているケースもみられる。WHOはうつ病の未治療率を56.3パーセントと推定し(2004年)、mhGAPプログラムにて診療ガイドラインおよびクリニカルパスを公開している。
Wikipediaでうつ病を確認
1ページ目 / 2ページ中

ヒロチン 47歳 香川県 善通寺市

じつの姉が十年ぐらいまえから、うつ病にかかり仕事もいかなくて年とった両親に暴力ふるったり暴れたりして家族ともどもこまりはています。治療ため病院つれていくとあばれてこまりはててます。どうしたらいいやら。まいにちが嫌になります

2020-07-13 11:57

ぴっぽ 42歳 愛媛県

20年くらいうつ病ですが、昔に比べてうつ病になる人が多くなり、やっと周りに認知されるようになり少し楽になりましたが、それまではズル病等と言われて苦しかったです。今は同じ病気を持つ人たちの話をボランティアで聞いています。

2020-07-02 20:24

ナオユキ 46歳 埼玉県

前職でうつ病と診断されました。まさか自分がなるとは思ってもみませんでした。前職はブラック企業と言われる職場で、管理職になったとたんに過度な残業と給料以上の責任、担当業務以外の多くの業務。自分は、軽症のうちに30年勤めた前職を退職したので大事には至らなかったですが、ストレスの解消や転職が出来ない方々は居ると思われます。仕事も大切ですが、まずは自分が健康的に生きる事に重点を置きましょう。

2020-07-02 20:24

りょう 31歳 東京都

何年か前まで自分でバーを経営していたのですが、その時の人間関係等で一時期鬱病と診断されていました。現在は個人で仕事をしているので人間関係で悩む事はありませんが、逆に人との関わりがなさ過ぎて寂しい毎日です、、鬱病が治ったかどうからわかりませんが、現在はスーパーポジティブです笑こういう世の中ですし、辛い方も多いかと思います。経験しているからわかる事もあると思いますので辛い方がいたら共に闘っていけたらと思います!

2020-06-29 13:44

TOーY 50歳 愛知県 豊田市

付き合いが長いです。今は普通に会社に行って生活していますが、まだ通院し、薬も飲んでいます。治るって何なのかわからなくてずっと悩んでましたが、病気と付き合って生きていこうと考え出したら楽になりました。こんな病気持ちでも理解頂けたら幸いです。

2020-06-13 17:58

しんご 44歳 三重県 津市

鬱病患っています、たまに気分が落ちてしまって困ります、普段は薬飲んでるんで全然大丈夫やけど、初めは人見知りするかも、そんな風に見えないやろけど(笑)鬱病でも気にしないって人おったら仲良くなりたいな、特に害はありませんよ(笑)

2020-06-05 20:57

真心 66歳 埼玉県

気持ちの病気。時が経てば治るとか・・と他人は簡単に言うけど身内にうつ病患者が要るのは家族関係にヒビが入り、仕事中にも心配になって集中出来ない?三年も入退院繰り返し近所にも知れ渡り恥ずかしくて休みの日に外に出るのが億劫になり逃げ出したくなる。

2020-05-10 16:00

ハレルヤ 35歳 大阪府

若い頃にパワハラモラハラと家庭環境のトリプルパンチでノックアウトしてました(笑)今は気持ちの浮き沈みはあるけど基本元気で良く笑う感じの鋼の心の持主になってます(笑)人は挫けた事が多いほど強くなれる!(笑)

2020-03-24 12:54

おさん 51歳 新潟県

クソ真面目な性格?が災いして社会から15年遠ざかり、更に男性として仕事もプライベートもあぶらがのった30代を全てこの闘病生活に費やした忌まわしい病気。世間や親からも病気を理解してもらえず、しまいには怠け病と言われる始末。周りの理解が得られれば、そんな長くは闘病しない病気だと思うけど、精神的な病だから本人も毒されるんだよね。本当は治りかけなのに、まだ自分は病気なんだと思い込みの力で、更に病気が伸びるみたいな。ほんと、やっかいな病気だよ…って、現在も完治したわけじゃなく、うまくコントロールする方法を自分なりに見つけたって感じ。医者曰く、一生治らないから早くコントロールする方法を見つけるように!言われたから…

2020-03-14 17:20

タク 50歳 埼玉県

母親と元カノが患っていましたので話しを聞いてあげる事ぐらいはしてあげられると思います。現在、母親は完治しており鬱になる前と何ら変わりなく生活しています。元カノも連絡は取り合っていて症状も落ち着いているとの事で調子が良い時は会って話したりもしています。

2020-03-09 16:15

雄貴 34歳 北海道

今は完治しました。高校一年でなってそれからクスリ飲んだりカウンセリング受けたりしましたが、結局環境を変えて治しました。でも、やはり周りに話を聞いてくれる人がいたのが治る近道でしたね。こんどは話を聞く側になりたいと思ってます。

2020-03-05 13:50

ざっきー 47歳 栃木県 小山市

うつ病は理解されにくい病気です。本人からは説明する事も難しく話せない事が多いと思います。病状にも多種多様あり症状にも軽度から重度まであり本人でも考えられない事があります。まわりの人が勉強して理解してもらわないと付き合えない病気だと思います。

2020-01-12 22:55

一徹 45歳 愛知県 名古屋市名東区

10年に過労とパワハラで患いました。毎月200時間以上の残業、休日出勤、休みなし、上司からの毎日に及ぶ叱責、言葉の暴力、人格否定。死にたくなる、死が浮かぶ毎日でした。今は笑って話せますが、少しでも同じように苦しんでいる人が少なくなればいいなと思います。

2020-01-03 15:10

たっちゃん 43歳 京都府 舞鶴市

妻がうつ病です。月に二回病院に通っていて、最近は多少は落ち着いて来たものの、以前はかなり荒れていました。どう向き合ったらいいか悩む時もありました。ご自分が又はご家族がうつ病になられた方で克服された方居ましたら、お話し聞いてみたいです。

2019-11-27 21:24

カフェオレ 38歳 愛知県 豊川市

幼少期から中学1の途中まで家族から虐待されて、学校の同級生や先輩からも理不尽な虐め、を受けて、中学の時から病んでましたが、15歳の時にはじめて自傷行為をしました。そこからエスカレートして行って、色々な事、試しました。20歳の時から不眠症になり、他にも病気ありますが、今現在も通院してます。自分がピアスやタトゥーを身体にするのは、自傷行為をするくらいなら、ピアスやタトゥーって防御本能です。痛みで色んな感情を誤魔化しているのです。どうか、ピアスやタトゥーに理解あると嬉しいです。

2019-11-17 20:12

サボさん 42歳 岩手県 花巻市

数年前に仕事が多忙過ぎて精神的にやられた時期がありました。ON・OFFの切り替えが出来なくなり、今までは楽しめた事も、常に頭の中には仕事のことがあり、楽しめなくなってしまいました。ストレスで体にも異変が出始めたので通院しました。その後職場の配置転換をしてもらい、今はだいぶ楽にはなりました。

2019-10-10 03:46

チョモラン 43歳 宮城県 大崎市

約25年前にストレスが高く精神科に入院した。その頃と今、精神科に対する周囲の意識は、それ程変わっていないと思う。欧米では、1人に精神科医や心理カウンセラーがついて当たり前。日本は環境は整って、不便のない世の中になっていますが…。なぜ、幸福度の低い国なのかな?自殺する人が多いのかな?と、考えてしまう。国を始め、日本の人々の意識が変わらないと難しいと思う。幸福度を高めたければ、幸福度の高い国のやり方を学んで取り入れればいい…、と思っても厳しい…。うつは悪くないので、周りの人は普通に接して欲しい。周りの深い理解、コミュニケーション、温かなぬくもりや優しさ、愛情が必要だと思う。

2019-10-08 11:11

ヒロシ0909 53歳 埼玉県 新座市

うつ病は、一言で説明するのはたいへん難しい病気ですが、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、それによって憂うつな気分やさまざまな意欲(食欲、睡眠欲、性欲など)の低下といった心理的症状が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状を伴うことも珍しくありません。つまり、エネルギーの欠乏により、脳というシステム全体のトラブルが生じてしまっている状態と考えることもできます。私たちには自然治癒力という素晴らしい機能が備わっていて、通常はさまざまな不具合を回復へ導いてくれます。私たちは日常生活の中で、時折憂うつな気分を味わいます。不快な出来事によって食欲が落ちることもあります。しかし、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって、時間の経過とともに元気になるのが通常です。時間の経過とともに改善しない、あるいは悪化する場合には生活への支障が大きくなり、「病気」としてとらえることになります。そのため、仕事・家事・勉強など本来の社会的機能がうまく働かなくなり、また人との交際や趣味など日常生活全般にも支障を来すようになります。私の場合は妹が5年前にうつ病と診断され。いまだに苦労しています。同じうつ病の方。またはご家族がうつ病の方。お互いに色々悩みを相談させて貰いたいです。

2019-10-06 11:25

いわき近辺 35歳 福島県

6年以上前から、うつ病になり、現在も心療内科へ通院しています。初期の頃は、毎日のように死にたい等、何事にもマイナスに考えてしまい、とても苦しかったです(*_*)そこから治療に専念し、現在は、なんとかアルバイトが出来るまでになりました。この歳でアルバイトとか、情けないと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、同じ精神疾患をお持ちの方になら伝わってくれるかなと勝手に思い込んでいます。自分の中で日々、『今を生きよう』と心に決めて生活しています☆

2019-09-19 22:04

33歳 神奈川県

色々調べて、通院に付き添い、少しずつ、回復に向かい、今は心が楽になったみたいです。自分に出来ること、プロでないと出来ないことを実感した日々でしたが、心のあり方を考えさせられ、自分にとっても大切な時間となりました。

2019-09-01 09:49