病気・体験談: 抑うつ

- 抑うつの経験者や、理解のある人とお友達になろう♪ -

抑うつ(抑鬱、抑欝、よくうつ、depression)とは、気分が落ち込んで活動を嫌っている状況であり、そのため思考、行動、感情、幸福感に影響が出ている状況のこと。抑うつというだけでは原因不明の症状である。うつ状態とは、状態像であり、抑うつの症状が精神状態の中心となっていることを意味する。 死別や経済破綻、災害や重篤な病気などへの反応は、理解可能な正常な悲観反応である。抑うつの原因が全て精神障害であるとは限らない。認知症の初期症状や、甲状腺機能低下症あるいは亢進症など他の医学的疾患も抑うつの原因となりえる。抑うつは人生の出来事の一つに対する通常の反応としても起こり、ごく一部の医学的な症候についてが医学的治療や薬物療法の対象となる。うつ病として扱われるのは、ほぼ毎日、2、3週間は抑うつであり、さらに著しい機能の障害を引き起こすほど重症である場合である。 また、うつ病という1つの診断がついたので他は考慮しないというような短絡的な診断は行われがちである。他の精神障害も原因となりえ、誤診も報告されている。安易な投薬も行われがちであるが、WHOならびに日英のうつ病の診療ガイドラインは、軽症のうつ病に抗うつ薬の使用を推奨していない。
Wikipediaで抑うつを確認
1ページ目 / 1ページ中

イワシ 48歳 青森県 青森市

自分の場合、うつ病までは、行きませんでしたが、うつ状態ですね。軽い症状の方なのかも知れませんが、【死にたくなる】事に関しては、正にそういう状態の時もありました。私の場合、今まで何回も同様の状態に陥りましたが、今は絶好調といったところです。精神疾患だと周りの人間は、知ったような対応をしますが、所詮他人事ですので、自分でどうにかするしかないんですが、それがどうすればいいか決めれない状態ですからね…。困った病気ですよね。同じような病気で悩んでいる人には、前向きな話はできると思います。

2019-11-05 10:56